RenzSpace Free Style Blog

SEOの役に立つ?Point1

4月 8th, 2009 Author :: / Categories :: SEO基本情報 / トラックバックURL / No Comments »

Twitt

リンクポピュラリティがSEOにどれくらいの影響を与えるのでしょうか。
ちょっと考えて見ます。

現在の検索エンジンがキーワードとWebページの適合度を測る重要な指標の一つとして、リンクポピュラリティというのがあります。これは、リンクを一種の支持投票とみなし、多くの質の高いリンクを集めるWebサイトはネットの中で高い支持を受けているものとして、検索結果リストの中で優位に扱うというアルゴリズム(スコアリングアルゴリズムっていうみたいです)です。

リンクポピュラリティの計算では、被リンクの数だけでなく、多くの被リンクを持つWebページからのリンクを特に高く評価する。「数多くのページから参照されるページは重要である」また「重要なページから参照されるページも重要である」という考えから、重要なページからのリンクもまた重視されるということらしい。

リンクポピュラリティを用いた技術としては、GoogleのPageRankがそれにあたる。
GoogleのPageRankでは、被リンクの量と質によってWebページの重要度を測る。
質の高いコンテンツを制作し、質の高いリンクを得ることがリンクポピュラリティを高める秘訣といえる。

ということで、むやみやたらと無料URL登録にURL登録をしてしまうと、かえって質を落とす可能性が発生しPageRankを自ら落としかねません。もし自分が運営しているホームページやブログが飲食系だとしたら、飲食系のみを扱っているものに限定した方が良いのです。

GoogleやYahoo!などの検索エンジンへの登録は問題ありませんが、それ以外はなるべく慎重に登録した方が良いでしょう。

[amazon]4798015970[/amazon][amazon]4798118184[/amazon][amazon]456964967X[/amazon]

4月 8th, 2009 Author :: / Categories :: SEO基本情報 / トラックバックURL / No Comments »

marginはイメージにだけ

4月 8th, 2009 Author :: / Categories :: モバイルネタ / トラックバックURL / No Comments »

Twitt

docomoキャリアでCSSが使えるようになった所で、次の備忘録。

『margin、paddingはイメージにのみ設定が可能。』ということ。

モバイルなので、余り必要ないとも思うのですが、情報分岐点などはやはり余白を用意し、ユーザーに”ここからは違う情報が始まるよ”を伝えてあげる必要があると思います。

しかし、余白を空けたい所に画像を設置するものが無いという場合は、1px×1pxのspacer.gifを使用してあげれば問題ないでしょう。(PC版Webサイトを作る時には結構使っているのですが、中々気がつかない方も多い様なので一応紹介しました。)

docomoの場合は、外部CSSの仕様が無理なので直接記述するしか無いですね。
こんな感じです

<img src=”images/spacer.gif” width=”1″ height=”1″ alt=”代替えテキスト” style=”margin:数値+単位; padding:数値+単位” />

4月 8th, 2009 Author :: / Categories :: モバイルネタ / トラックバックURL / No Comments »

docomoキャリアの下準備

4月 8th, 2009 Author :: / Categories :: モバイルネタ / トラックバックURL / No Comments »

Twitt

とても当たり前な事かも知れませんが、忘れても探すのが面倒なので記載。

モバイル制作でのCSS対応でネックなのがdocomoキャリア。
そこで大事なのがXHTMLに対応した宣言をしなければならない事。

まずはこれからスタート。

<?xml version=”1.0″ encoding=”shift_jis” ?>
<!DOCTYPE html PUBLIC “-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN” “http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd”>
<html xmlns=”http://www.w3.org/1999/xhtml” lang=”ja” xml:lang=”ja”>
<head>
<meta http-equiv=”Content-type” content=”application/xhtml+xml; charset=Shift_JIS” />
<meta http-equiv=”Content-Style-Type” content=”text/css” />
<meta http-equiv=”pragma” content=”no-cache” />
<meta http-equiv=”cache-control” content=”no-cache” />

後はキーワードやら説明文やら記述してしっかりGoogle対策。

上記オレンジ文字の部分がdocomoには必要ですね。
他の対処法も有るとは思うけど、これが一番楽なので僕はこれで。

後は、docomo用フォルダ内にindexデータと同階層に.htaccessを設置。
中身はこれ

AddType application/xhtml+xml .htm .html

必ず最後に一行分の改行を入れておく事を忘れないようにね。

これで、docomoキャリアのCSS対応した準備はOKでしょう。

4月 8th, 2009 Author :: / Categories :: モバイルネタ / トラックバックURL / No Comments »